>> HOME > 移住のホンネ > 詳細表示

移住のホンネ

お問合せ

移住のホンネ

みたて農園 立見 真実

Uターン

田舎でくらす 農業

身近に農業を感じられる豊かな暮らしの提案を

みたて農園
立見 真実さん

移住年:2012年

出身
長浜市公園町
お仕事
農業とその周辺
趣味
刺繍
移住前
京都市左京区
移住のストーリー
農業を通して、市内外の分野も超えた人の繋がりや、イベントを多く生み出してきたみたて農園。みたて農園らしい動きをサポートし、活動に幅をさらに広げているのが園主の奥さんである真実さんです。農作業の補助をする傍ら、お米や大豆を使った加工品の商品開発であったり、そのパッケージのデザインを手掛ける他、ケータリングで様々なイベントに出店し、食を通して農業の理解を深めてもらいたいと精力的に活動をされています。

そんな真実さんも、もともとは退屈な長浜が嫌で、大学は長浜を出られるチャンスだったと当時を振り返ります。小さい頃から絵を書くのが好きだったことも有り大学は芸術系に進学。グラフィックなども学ぶ一方で、パソコンは向いていないと悟り、手を使って創作することに傾倒します。お菓子作りや料理はずっと興味があったと、お菓子とアートによる創作に手応えを感じ、卒業後は飲食の道で働くように。

長浜に戻るきっかけとなったのは3.11の震災でした。食材の供給が不安定になり潮時だっと感じ、長浜に戻ります。戻った際にしたことは人脈作り。人との出会いを通して見る長浜の姿は、高校の頃とはまるで違っていたといいます。何もなかった長浜も、いつの間にか、考えやライフスタイルを共感できる仲間に囲まれ、楽しい暮らしの場所に変わっていました。その繋がりの中にはみたて農園の園主である立見茂さんと出会いもあり、自分で考えて、何かをつくる仕事がしたかった真実さんにとって、その「何か」を見つけられる機会になりました。

興味のあった料理と得意のクリエイティブな発想で新しい農業の形をみたててきた真実さん。加工場の整備やカフェやお弁当といったイベント出店以外での展開を構想中のみたて農園の今後の活躍が楽しみでなりません!
移住のホンネ一問一答!

<?= 移住のホンネ ?>

仕事はなにをされていますか?

みたて農園 立見 真実農業をしながら、グラノーラなど大豆やお米を使った加工品の開発をしています。ケータリングで消費者の方との接点も積極的に作るようにしていて、直接口にした時の反応や声をいただけるので自分たちの活動のモチベーションの向上に繋がっています。今後は豆乳メーカーの導入や米粉の利用で、加工品の幅を広げていきたいと思っています。

<?= 移住のホンネ ?>

なぜ長浜への移住を決めたのですか?

みたて農園 立見 真実芸術系の大学に進学する中で、食に関する関心が大きくなっていきました。卒業後も京都で生活は続けていましたが、なにもないと思っていた長浜で活動する農家や団体の話題を聞くようになって、その人たちへの興味が強くなっていきました。3.11の震災をきっかけにより食への関心も高まり、Uターンすることを決めました。

<?= 移住のホンネ ?>

長浜の暮らしの魅力って?

みたて農園 立見 真実昔からあまり変わらない地域だけど、面白い活動をしている人がたくさんいて、年齢も関係なく仲良くなれるような心地良い人とのコミュニケーションが出来ることが暮らしの中での面白さになっています。地域ごとの特色も強くて、嫁いだ先の馬上の集落と、生まれ育った旧長浜市とでは全然文化が違って日々刺激をもらっています。

<?= 移住のホンネ ?>

地域とはどのように 関わっていますか?

みたて農園 立見 真実農業を通して徐々に嫁いだ先の集落にも溶け込めるようになってきました。挨拶をすることで相手も心をひらいてくれて、地元の方に馬上の人間として認められていると感じられます。法事等の行事では、初めてのことや、文化の違いから戸惑うことも多いですが、少しずつ地域での作法にも慣れていきたいと思っています。

<?= 移住のホンネ ?>

将来の夢  今後していきたいことはありますか?

みたて農園 立見 真実今はまだ、ケータリングなどのイベント出店が殆どで、ゆくゆくは自分の居場所をもって加工から販売、食事の提供まで出来る環境を作っていきたいと思っています。

<?= 移住のホンネ ?>

休日の過ごし方を教えて下さい。

暮らしに密接に関わる農業をはじめて思ってことは、仕事と生活の境い目が曖昧ということ。仕事である農業も暮らしの一部だと感じています。作業を完全にしない日は、夫ともにいろいろな方に出会いに行ったり、知り合いの企画するイベント等に参加する事が多いです。

<?= 移住のホンネ ?>

移住を考えられている方へ メッセージを。

移住後の生活を充実したものに出来るかは、すでに住んでいる人の和の中にいかに入っていくかだと思います。私ももともと実家が長浜にあったためUターンの際の苦労はありませんでしたが、今の暮らしの楽しさがあるのは、帰ってからいろいろな人と繋がれた事が一番の要因です。長浜は、そうした出会いの中で新しいモノやコトが生まれていってどんどん楽しくなる地域だから、移住する際にはどんどん色んな人と出会って下さい!