>> HOME > 移住のホンネ > 詳細表示

移住のホンネ

お問合せ

移住のホンネ

山里に暮らし、自然志向の生活 本多伸之・友紀

Iターン
田舎でくらす 転職

建築業・介護職

山里に暮らし、自然志向の生活
本多伸之・友紀さん

現在の居住地:浅井
移住年:2017年

出身
京都・大阪
お仕事
建築業・介護職
趣味
キャンプ、バイク、カフェで気分転換
移住前
高島市
移住のストーリー
 長浜市内の山里の古民家に3年前に移住されてきた本多伸之さん・友紀さんご夫妻。長浜に移住される以前は高島にお住いでした。建設関係のお仕事をされているご主人の伸之さんのご出身は京都、友紀さんの出身は大阪です。 
 伸之さんが独身時代に高島に移住、高島で自然志向の生活を実践している共通の友達を通じて、友紀さんと出会ったことが結婚のきっかけ。また、伸之さんはそのお友達との繋がりから長浜で建築の仕事とも出会います。1年ほどは高島から長浜まで通勤していましたが、長浜で古民家を見つけ、セミセルフリノベーションを経て現在の古民家に暮らします。
 高島に住んでいたときに暮らしていたのは、ハウスメーカーの家。けれど自分の感覚としっくりこないところがあったとか。高島でのワンクッションの経験があったからこそ、現在の環境の良さがよくわかるそうです。
 現在の家に決めた理由は、昔ながらの木造建築の家の躯体がしっかりしていたこと、そして大きすぎないちょうどいい広さと雰囲気が感覚的にしっくりきたこと。大工さんが手間をかけて作った家は温かみがあり、その良さを生かしてセミセルフリノベーションしたリビングダイニングは杉の無垢材がふんだんに使われ温かみのある素敵なスペースになっています。
 目を引くのが据え付けられた薪ストーブ。薪ストーブの炎を眺めながらゆったりと家族で過ごす時間はかけがえのないものだと夫妻は話します。
 現在、友紀さんは独身時代の経験を生かして介護職に従事。小さな頃から山好きのご両親に連れられ山登りなど自然に親しんできた経験から自然が身近にある生活に憧れていたそうです。独身時代は、介護の仕事の合間に何度も宮崎県へ農業ボランティアに行き、いつかは農業をしながら自然志向の生活をしてみたいと考えていました。現在は、お子さんも小さく子育てが生活の中心だそうですが、余裕ができたらお米作りや野菜作りにも取り組んでみたいという夢があるそうです。

記事作成:長浜ローカルフォト 渡邊嘉久
移住のホンネ一問一答!

<?= 移住のホンネ ?>

住んでいる地域はどんなところですか?

山里に暮らし、自然志向の生活 本多伸之・友紀地域の人たちは優しく、移住者の私たちにも暖かく親切に接してくださいます。車があれば近場に便利なお店があり、生活に支障は感じません。
山あいの集落で、高齢者世帯がほとんどで若い人はほとんどいません。集落に子どもがいる世帯が他にないのは寂しいですが、長浜市の保育環境が整っていて子育てがしやすいところだと思っています。

<?= 移住のホンネ ?>

田舎暮らしの魅力と苦労

山里に暮らし、自然志向の生活 本多伸之・友紀なんといっても自然が近いことが魅力です。空気がきれいで風が爽やかです。夜は星がとってもきれいに見えます。「総出」と呼ばれる川掃除や草刈り、「おこない」という神事もありますが、集落の人たちと親交を深める良い機会でもありいつも参加してます。

<?= 移住のホンネ ?>

物件探しのヒント

山里に暮らし、自然志向の生活 本多伸之・友紀田舎暮らしに何を求めるのか?移住になにを求めるのか?が大事だと思います。現役世代は、仕事との兼ね合いが大きなポイントになってくると思います。
実際に物件を決めるまでに何軒も見てまわって、自分たちの感覚に合うかどうかが大事です。どんなライフスタイルを描くのか?そのライフスタイルに合った物件なのかをよく考えることだと思います。

<?= 移住のホンネ ?>

田舎暮らしのおすすめのお店を教えてください

Pocapoca
近所にある自然と体に心地よい美容室です。自分たちの世界観をしっかり持って田舎暮らしを楽しんでおられます。
〒526-0204 滋賀県長浜市鍜治屋町727
 
あやべとうふ店
素材にこだわったおいしいお豆腐のお店です。
〒526-0214 滋賀県長浜市北ノ郷316