>> HOME > 暮らし > まちづくり関連団体

暮らし

お問合せ

暮らし 住むまえに長浜のことを予習しましょう!

ちづくり関連団体

田根地区・地域づくり協議会

長浜市では、連合自治会区域を基本とした24の地区すべてに地域づくり協議会が設立され、地域課題の解決やまちの活性化に向けた活動が行われています。

浅井氏の居城があった小谷山の東側に広がる14の集落からなる田根地区では、平成19年3月に第一号の地域づくり協議会が設立され、以降、さまざまな先進的活動に取り組まれています。
 

他の地区にない最大の特徴は、毎年、国内外の大学生が集うワークショップが開催されていることで、慶応義塾大学やマサチューセッツ工科大学をはじめ多くの大学の学生が参加しています。この活動からは、滋賀県社会福祉事業団との協働によるデイサービス施設「さくら番場」の開設や、米づくりから始める純米吟醸「美田根」、鹿肉パテを使った「田根シカバーガー」の販売など、多くの実績が生まれています。そうした活動が評価され、2015年度のふるさとづくり大賞では総務大臣賞に選出されました。
 

地区の大きな課題としては、高齢化・人口減少やイノシシ・シカ等の獣害問題などがあり、今も、住民・学生・企業の協働による複数のプロジェクトが進行中です。

 

 

田根地区・地域づくり協議会ブログ

STUDIOこほく

STUDIOこほくは、地元在住の有志が立ち上げた、インターネットを通じて本市と米原市(湖北地域)の地域情報を楽しく伝える地域密着型のメディアです。メンバーは職業もライフスタイルも様々ですが、皆「湖北が好き!」「湖北を盛り上げたい!」方々ばかり。2012年から始動し、人気もうなぎのぼりでたくさんの固定ファンができつつあります。 

「今後もっと仲間を増やし、見過ごしていた地域のお宝をどんどん掘り起こしていきたい」と抱負を語る代表板山さん。 STUDIOこほくの今後の活躍は見逃せません。 

番組について、生放送は毎週水曜日21:00から、録画はいつでもご覧になれます。 
http://www.studiokohoku.net/

KOKOKU

KOKOKUは長浜在住者や長浜出身の県外居住者で、まちづくりプランナー、広告代理店、WEBプランナー、建築デザイナーなど職業も様々な者達が、自身の多様な視点や価値観をもとに、湖北地域のよりよい活性化とまちづくりを目指しています。

2010年に結成し、ふるさと湖北の魅力を再発見するための仕掛けとして、木之本でのフィールドワークや郷土食ワークショップなど年数回の活動を行ってきました。その他「Gekko Kohoku」という月明かりの湖面を撮影するワークショップや、県外居住者のためのイベントを東京でも開催し、湖北の魅力や湖北へUターンした方の体験談などを伝えてきました。

「湖北の魅力を外からの新鮮な視点を取り入れることで、新たな魅力を発見できる。地元の人または地元出身の人が、今よりも地元に誇りと愛着を持って暮らしていけるまちづくりを目指したい」という思いのもとで活動を続けています。


KOKOKU https://www.facebook.com/KOKOKU.shiga

その他主要な団体

  • 現在情報を収集中です。