>> HOME > 仕事づくり > 詳細表示

仕事づくり

お問合せ

仕事づくり 長浜のこれからを担うクリエイターたちの仕事づくり

飲食店

伊東 大雅

ピクニックカフェ・あかつき
伊東 大雅

古民家をセルフリノベーションし、2018 年 5 月に、ハンバーガーやサンドイッチをメインとしたカフェをオープン。お客さんはもちろん、気の合う仲間やご近所さんとの交流を楽しみながら、新しい暮らしの形を模索中です。

記事作成:長浜ローカルフォト 田中仁・田中香織

お仕事概要

伊東大雅さんは、岐阜県養老町の出身。2018 年 5 月に長浜市東部の里山地帯、東野町の築 80 年の空き家をリノベーションして「ピクニックカフェ・あかつき」をオープンしました。 もともとの仕事は、東京でファッションデザイン関係。都会で仕事をしていた頃は、大手の CM に自ら手がけた衣装が起用されるなど活躍。ただ、好奇心旺盛な性格ゆえファッション分野以外にも関心が高く、オーストラリアに移り生活してみたり、実家は精肉卸業なのにベジタリアンになってみたり。様々な経験を経ることで、多様な価値観を体感する事の大切さを実感。それを形にしようとしたのがカフェ運営。来店してくださった人が読書したり、音楽をしたり、来店者同士で交流したり、それぞれに合った形で、心豊かな時間を過ごしてもらえるような場所を提供できればとの思いからでした。 開業候補地は当初、長野や岡山、沖縄など。そんなとき、幼い頃から実家から見える伊吹山に特別な魅力を感じていたことを思い出したといいます。岐阜と滋賀の県境にそびえる伊吹山。そこで滋賀側に目を向け、いざない湖北定住センターに相談。紹介してもらった民家は物件としてはもちろん、すぐ近くには、立派な神社やお寺があり、自然も豊か。地元の方々も親しみやすく、すぐにここでやりたいと思ったそうです。 もの作りが好きな事もあり自分で民家をリノベーション。インテリアや小物ひとつにも伊東さんの趣味が反映されています。実家の精肉店のお肉を使ったメニューは開店後もブラッシュアップを繰り返し、「よりおいしく」をめざします。 伊東さんの飾らない人柄や、居心地の良さもあって、いつの間にか、スタッフやお客さんとの間でイベント企画が生まれたり、一緒に音楽をしたりと、カフェあかつきが豊かなコミュニティの場となっています。笑い声で包まれる店内にいることにとても幸せを感じているそうです。 ゆくゆくは、地元で音楽イベントやマルシェを開催してクリエイティブなコミュニティを拡げていきたいと夢を語ります。今後の活躍が楽しみです。

伊東 大雅の仕事づくりストーリー

<?= 仕事づくり ?>

どんな仕事をされていますか?

長浜の東側、山々の近い東野町の古民家を改築して「ピクニックカフェ・あかつき」を営んでいます。カフェとして利用していただくほかに、サークルや教室の場としても活用していただいています。
メニューは実家の精肉店から良質なお肉を、地元の有機農家さんからは有機野菜を仕入れ、それを使用したハンバーガーやカレーなどをお出ししています。

<?= 仕事づくり ?>

起業のきっかけ

都会でのファッションデザインの仕事をしていたとき、 ファストフード、ファストファッションが主流になりだ し、時間と手間のかかる手作りの価値が希薄になってい くのを感じていました。生産性よりも必要性。量よりも質。自分の価値観が少しずつ変化していく中で、自分のペー スで行う田舎での新たな暮らし方を模索したいという気 持ちがカフェを営むきっかけとなりました。

<?= 仕事づくり ?>

地方で仕事をやる上での工夫

地元の風土や文化を理解し、地域の方との交流を大切にしたいと思い、自治会に加入しました。お客様との会話もコミュニティ意識を高める貴重な情報が得られる大切な時間です。また SNS や YouTube も活用し、情報発信もしています。趣味に近い情報も発信しているので、遠方から同好のお客様が来られる事もあります。

<?= 仕事づくり ?>

起業時に比べて今はどうですか?

様々なお客様が増えました。カフェに集うお客様やご近所さん、また、ひとりでゆっくり時間を過ごされる方、同好の士が県外からも来店され、そこから新たなつながりができたり、発見や喜びが生まれたりしています。

<?= 仕事づくり ?>

長浜での暮らしの魅力を教えてください

豊かな自然だけでなく歴史深い風土があります。何より長浜の方々は気さくなこともあって、自然体で接することができ、とても暮らしやすいなと感じました。
ご近所さんに畑で採れた野菜をいただく一方で、実家のお肉をお届けすると大変喜んでくださることがあります。一店舗というよりも、より身近な関係だと思ってくださるコミュニティの温かさを感じます。

<?= 仕事づくり ?>

今後の展望を教えて下さい

まずは店舗内に新設する雑貨等の販売コーナーの開設、裏庭の遊び場の整備と、あかつきをもっと楽しんでいただける場所にしていきます。今後はこれまでのご縁を生かしてイベントに参加したり、自分たちでも野外イベントを開催したいと思っています。音楽やクリエイティブなマルシェに、ピクニックのような気軽さを併せて、更なるコミュニティの活性化を担えればすばらしいと思っています。